SSブログ

おはぎの花 [社寺]

P1350735.JPG

ここは、萩の寺常林寺。
出町柳にあります。
日ごろはほとんど目立たないお寺ですが、萩のシーズンは見物客でにぎわいます。
今年は、猛暑の影響か、開花がちょっと遅れ気味です。
梨木神社も萩祭の時にはあまり咲いていなかったらしい。

P1350706.JPG

P1350708.JPG

P1350713.JPG

P1350739.JPG

萩は、秋の七草のひとつで、『万葉集』で最もよく詠まれる花なんです。
昔は、秋に咲く花が少なかったからかな。
※秋の七草/自分で言えなかったからメモしておきます。女郎花(おみなえし)、尾花(おばな)いわゆるススキ、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、藤袴(ふじばかま)、葛(くず)、萩(はぎ)
※覚え方/おすきなふくは(お好きな服は?)、おきなはすくふ(沖縄救う)
※京男風覚え方/おおきなふくは(大きな福は?)

P1350715.JPG

P1350724.JPG

P1350726.JPG

P1350743.JPG

※参考
春の七草/芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)
七人の侍/島田勘兵衛(しまだかんべえ、志村喬)、菊千代(きくちよ、三船敏郎)、岡本勝四郎(おかもとかつしろう、木村功)、片山五郎兵衛(かたやまごろべい、稲葉義男)、七郎次(しちろうじ、加東大介)、林田平八(はやしだへいはち、千秋実)、久蔵(きゅうぞう、宮口精二)

松屋おはぎ.jpg

もう終わってしまったけど、お彼岸の時食べるのに「おはぎ」がある。
これは、萩の花にみたてたから「おはぎ」という名前になったという。
そやけど、こうやってみたらそうも見えんけどな・・・。
同じく「ぼたもち」といういい方も牡丹の花にみたてたというらしいけど、にてないな。
京都人は、春でも「おはぎ」という名前を使う。
「ぼたもち」といういい方がなんとなく田舎臭いからだと思う。
でも「おはぎさん」とはいわない。
やっぱりちょっと低く見ているのかな・・・。

P1350728.JPG

P1350729.JPG

これは、タマスダレ。白く美しい花を「玉」に、葉が集まっているようすを「簾」にたとえて、この名が付けられたそうです。別名「ゼフィランサス」「カンジダ」「レインリリー」。花言葉は、「純白の愛、便りがある、期待」。
可憐な花やけど葉っぱや鱗茎には毒があるんですよ。葉っぱをニラと間違える人がいるらしい。

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 京都 社寺
nice!(13)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 13

コメント 18

すー

おはようございます

確かに、「おはぎさん」とは言いませんね。
by すー (2010-09-30 05:06) 

京男

>すーさん、おはようございます。
おはぎって小さい時は苦手なものだった。
粒あんだしよけいそうかも。
いまは、食べられるようになりました。
by 京男 (2010-09-30 05:09) 

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

おはぎは大好きです。
焼酎水割りでも頂けます!!
特に粒あんが良いですね。
by BPノスタルジックカーショー (2010-09-30 05:16) 

京男

>BPノスタルジックカーショーさん、おはようございます。
お好きなのね。私はまったく逆かも。
いまでこそ食べられるようになったけど。小さい時は絶対に食べない種類のものでした。
by 京男 (2010-09-30 05:37) 

mayu

京男さん、お元気さん^^
こちらは今、雨ですが・・・

このお寺は初めて知りました^^
萩って綺麗なんですね。
とても健気なイメージがあります。
『おはぎ』って、この萩からきてるんですか・・・?
そうなんですか!!!

また、このおはぎ、美味しそうです。
私にはたまらない写真で今日はお昼に、おやつで『おはぎ』食べます(^^♪

by mayu (2010-09-30 05:54) 

guran

子供の頃は「ぼたもち」って言ってましたね~
↑ 写真を見てあんこ好きのmayuにはたまらなかったようです!
「おはぎ買ってくる!」って^^
by guran (2010-09-30 06:24) 

お昼寝ねこ

これだけ集まると、萩の花も立派ですねぇ~。おはぎとぼたもち、子供の頃は、同じものなのに、なぜに呼び方が違うのか???でしたけど、なるほど、と納得しつつ、小ぶりだとオハギ、大ぶりだとぼたもち、とよんでしまう自分がいます。

by お昼寝ねこ (2010-09-30 06:26) 

京男

>mayuさん、おはようございます。
こちらは雨はまだかな。でも今日は降るようですね。
ここは知らなかったですか。梨木神社は有名だけど。
「おはぎ」は萩の花が咲いている状態から由来しているそうです。
「ぼたもち」は牡丹らしい。京都人は「ぼたもち」といういいかたはしないです。高山で宴会で必ずぼたもちが山のように盛ってあった。
ちょっと怖かったです。小さい時は苦手な食べ物ですから。
この写真の「松屋のおはぎ」は、冷蔵庫でちょっとしめると美味しい不思議なおはぎです。これ大きいんです。
by 京男 (2010-09-30 06:58) 

京男

>guranさん、おはようございます。
私は「おはぎ」といういい方しか知らなかった。
母方のおばあさんのつくる手作りのおはぎは怖かったな。
永楽屋のおはぎぐらいの大きさだったんです。
mayuさんに烏丸七条の西南角、松屋のおはぎを買ってあげてください。
by 京男 (2010-09-30 07:01) 

京男

>お昼寝ねこさん、おはようございます。
萩って見ごろが短いように思います。次回いくと全部刈ってあったりしますから。「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは季節の違い。
「ぼたもち」の方が手作りの感じがするな。
「おはぎ」→もち米100%
「ぼたもち」→もち米50%、うるち米50%(それ以上)で餡があまり甘くない。
という区別の仕方もあるかもしれません。
by 京男 (2010-09-30 07:05) 

ぎーこ

我が家のルーツはは京都ではないのですが
いつでもおはぎと言います。
お彼岸にも頂きますが、
おはぎ好きがおりまして、しょっちゅう食べています(笑)
by ぎーこ (2010-09-30 09:13) 

京男

>ぎーこさん、おはようございます。
母親の実家の祖父母はよくつくっていたと思います。
私は食べたことがないな。食べとくんだった。でもあの頃は苦手なものだったからな・・・。
食べるようになったのは、一度仕事で京都中のおはぎを食べ比べしたことがあります。あの時はきつかった。おぜんざいもだ。
by 京男 (2010-09-30 09:24) 

pomme

おはようございます。
そういえば、今年はご近所の萩をまだ
見ていません。ずーっと暑くて散歩などしない。
急に寒くて、家の中のせいかもしれません。

私もぼた餅とは言いません。春もおはぎですよ。
母は大きいのを作ってましたが、私は小さい。
気取ってます。
by pomme (2010-09-30 10:52) 

HAZUMI

こんんちは、残暑のあと気温の低さに
お花たちも戸惑いながら花咲かせたのでしょうね。
そうそう、むかし、昔、「なかめしぐるりあん」という言い方も聞いたことありますよ。

by HAZUMI (2010-09-30 11:34) 

せつこ

風流ですね、おはぎ・・・昔の人は、学があったのね。
脳が豊かだったのかも、心も♪
by せつこ (2010-09-30 13:20) 

京男

>pommeさん、こんばんは。
昨日からなんかバタバタしていました。おまけにメンテでした。
今日は、また暑い一日でした。身体が馴れませんね。
昔は、大きなものをつくっていたらしいです。いまはとても食べれないですね。
by 京男 (2010-10-01 18:16) 

京男

>HAZUMIさん、こんばんは。
今日はまた28度ぐらいになっています。
早く冬になってほしいな。と思う京男であります。
「なかめしぐるりあん」(-_-;)
不思議。
by 京男 (2010-10-01 18:17) 

京男

>せつこさん、こんばんは。
昔の方が自然をイメージしていたんでしょうね。
いまは、そういう感性は退化してしまっている。
by 京男 (2010-10-01 18:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0