So-net無料ブログ作成

大樟 [風景・和菓子]

DSC00264.jpg

この木は、今熊野神社(いまくまのじんじゃ)の大樟。
東大路通に面した所に約800年ずっとここにいるそうです。
いつも黄葉の時期にブログに登場する西本願寺の大銀杏が約300〜500年だから、それよりずっと古い!
同い歳の木は、青蓮院にある大樟。
いろいろな歴史を観て来たんだろう。

DSC00266.JPG

この今熊野神社の大樟、枝をかなりカットしたので随分涼しそうになったはる。
特に南側の枝は、大胆にカットされたはる。
もしも弱っていたりしたら、台風とかでエライ事になるからでしょう。
何が起こるかわからないのだこれからの時代。

DSC00274.jpg

DSC00272.JPG

最近、この大樟の回りを歩けるようになっている。
この大樟に触れられるのは嬉しい。
こういう巨木に触れる時、間違ってもエネルギーをもらおうと思わないことです。
自分のエネルギーと巨木のエネルギーが交流するようなイメージがいい。
でもエネルギーを奪おうとするだろうな・・・。

DSC02088.JPG
↑長久堂「森林浴」

DSC02094.JPG

DSC02152.JPG
↑道明寺羹、ゆずあん

※私の文章について
時々誤字脱字、変な変換をご指摘いただきます。脳出血の後遺症で読字障害の影響なんです。頭に文章のイメージする→手がキーボードを自動的に操作し、文字を打つ→文章が出来上がるのですが、自分で読めないのです。全く読めない訳ではないのですが、カタカナ・ひらがなが読みにくい。出来上がった文章をPCに読んでもらい、聞いて文章を判断します。等倍のスピードではイライラするので三倍速で読んでもらいます。変換ミスが問題なんです。聴いてもわかりません。出版するような場合は、専門の編集・校正のプロにお願いしています。でもブログでは、そういう訳にもいかないのです。それと指が絡まる?場合もあり、正確にタイピングしていない場合もあります。
できるだけ、誤字脱字がないようにはします。どうかご理解ください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(6)