So-net無料ブログ作成

やさしくトントンしてね [社寺]

DSC04014.JPG
↑京都ゑびす神社

ここは、昨日の禅居庵の西向にある京都ゑびす神社。
新年の「十日ゑびす大祭(通称 初ゑびす)」は、商売繁盛を願う人達でごった返しします。

DSC04016.JPG

DSC04017.JPG

そういえば数年前、初夢でゑびすさんが登場しました。
目の前でゑびすさんが踊っているのです。その後ろで大量の物資が飛ぶように移動している。夢の中で「ゑびすさんは、私の商売を理解していないな。物品販売じゃないサービス業なんだけど・・・」と思っておりました。
その年、以来妙に親しみがある神様なんです。

DSC04023.jpg

DSC04025.jpg

「えびす」という神は、七福神中唯一国産の神様。
「えびす」という神は複数あり、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多い。少数であるが、えびすを少彦名神や彦火火出見尊とすることもあります。

DSC04028.JPG
↑本殿

この京都ゑびす神社の場合、大国主命の子である八代言代主大神ということになっている。
まさか蛭子命という訳にもいかないでしょうしね。
蛭子命は、イザナギとイザナミが国創りをした後、初めて子供を作った。
その時、女神のイザナミから声をかけ子供を作った。結果は身体が不自由な子供が生まれた。イザナギ、イザナミは、船を作ってその子供を海に流した。その子が何処かで育ち、再び日本に上陸。それがえびす神だというのです。
だから耳が遠かったりするのかな?

DSC04050.JPG
↑本殿の向かって左横にあるトントンスポット

DSC04046.JPG

そういえばPCの所にえびすさんと大黒さんがニコニコして鎮座しておられます。
なんか御縁があるのでしょうね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域