So-net無料ブログ作成

草の春 [風景・和菓子]

●草の春
DSC08815.JPG

昨日は、いささか肌寒い気温だった。
でも気分は春。
もう春への進行は止められない。

DSC08816.jpg

京都市内、早咲きの桜は満開になっているそうです。
祇園あたりを歩く観光客も多い。
でも日本人は少ないかな?
それとも私の眼がおかしくなって、日本人でも外国人に見えているのかも・・・。
日本人でも着物のようなモノを着て歩いていますからね。
日本人も国際的になったのかも。
でも着物のようなモノを着て、団子を口にくわえ、左手にコーヒーカップ、右手にスマホを持ち、外股で歩く人は、外国から来ているのだと思いたい。

DSC08810.JPG

季節の進行も予定通りですよ。
早いとか言われているけど、そうでもない。
気象庁の発表は、当てにならないかも。
花見で商売しようとしている人にとって、悩ましいだろうな。
どうも人間の思うようになってくれません。

DSC08813.jpg

来週ぐらいから東大路の車が混むだろうな。
自分の家に帰るのに悩むのがこれからの季節。
観光地の真ん中に住んでいるのですからしかたない。
京都市って交通対策がまったくできていないように思う。
観光客も地元住人も困っているかも。
机の上でモノを考える人はなんの役にも立たないね。

DSC03459.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「草の春」
美味しそうでしょ。思わず買いました。もう少しよもぎの香りがすれば満点なのにな。惜しい。最近、綺麗なだけの生菓子を買おうとしない。困ったものです。

DSC03477.JPG
↑よもぎ求肥、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6)