So-net無料ブログ作成
風景・和菓子 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

石がシットリして見えた [風景・和菓子]

DSC00183.JPG

本日も智積院境内。
いまは、観光客も少なく、落ち着いた境内。
もともとここは、観光客が少ないので嬉しい。
最近の八坂神社なんかを見ているとゾッとします。
祇園あたりは、外国人観光客ばかりが目立ちます。

DSC00186.JPG
↑左上の白いのが白サギ

私は、人の多い場所に行くのが嫌です。
しかも、へんてこな服装や仕草が見ていて気持ち良くない。
飲んだり、食べたりしながら、狭い京の街を歩くのはいけまえん。
京都市内は、テーマパークじゃないのですから。

DSC00190.jpg

そういえば、ニュースで新幹線にキャスターバッグを置く場所を予約するようなことをいっていた。新幹線でそうなのに、京都市バスでキャスターバッグを無料で持ち込むのは、どうなんあろう?
エスカレーターにキャスターバッグも問題だと思う。冷やっとする風景を見る時がある。観光客に対する大きなバッグのデリバリーサービスをしてあげた方がいいように思う。昔は、観光バスで移動するのが当たり前だったので、そんな問題は起こらなかった。でもいま個人が格安航空や木賃宿を利用するので、そういう問題が多くなってきた。根本的に観光を考えないといけませんね。

DSC00195.JPG

本日の写真は、智積院境内でみかけた石。
湿度の関係もあるのか、石がみんなシットリして見えた。
そういえば、今年はあまり晴れが少ないように思う。
秋雨ってこんな感じだった?
きっとまた日照不足で葉モノの値段が高騰するんだろうなぁ・・・。
そういえば、最近、鍋物をあまり食べたことがない。
景気も悪くなっているように思うけど、消費税アップするんだろう。
きっと大幅に景気がダウンするんだろうな。
わかっているのに・・・。

DSC00196.JPG

なんて石を見ながら思いました。

P1650604.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「夕顔」

P1650610.JPG

P1650659.JPG
↑もち皮、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

いつもの道 [風景・和菓子]

DSC00174.JPG
↑智積院(東方向)

DSC00176.JPG
↑振り返ると東大路と七条通の交差点(西方向)

ここは、いつも通る智積院。
大体ここを通る。
東大路通を通ると車が五月蠅いのです。
私には、それが騒音に感じる。
その騒音が脳に突き刺さる感じがして不快なんです。

DSC00177.JPG
↑ここを歩いていきます。(南方向)

DSC00178.JPG
↑さらに進みます

排気ガスなんかも臭いしね。
お寺の方がまだ匂い的にマシかも。

DSC00179.JPG
↑仏旗がはためいています

仏旗デザインの色彩の意味。
青/仏陀の髪の毛(禅定)
黄/燦然と輝く仏陀の身体(金剛)
赤/仏陀の情熱、ほとばしる血液(精進)
白/仏陀の説法される歯(清浄)
樺/仏陀の聖なる身体を包む袈裟(忍辱)

仏旗について
仏教徒の、大いなる旗印となるものです。世界仏教徒連盟(WFB)が結成され、1950年の第1回・世界仏教徒会議で、正式に「国際仏旗」として採択されました。さらに永平寺で開かれた第2回・全日本仏教徒会議でも決定されています。

そうなんだ。
隣に日の丸をはためいていたらいいかも。

DSC04785.JPG
↑亀屋良長「朝露」

DSC04781.JPG
↑やっときんとんでも食べようかと思いました。

DSC04798.JPG
↑きんとん、黒こし

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

広沢 [風景・和菓子]

昨日は、久しぶりに過ごしやすい天気だった。
乾燥した風がここち良かった。
でも今日からまた天気が悪いなるらしい。
なんやかんやいいながらも季節は秋に移行していく。

P1490391-981f9.JPG
↑広沢池

本日のタイトルは、生菓子の名前です。
京都で「広沢」といえば「広沢虎造」ではなく、「広沢池(ひろさわのいけ)」

P1490400.JPG

広沢池(ひろさわのいけ)は、京都市右京区嵯峨広沢町にある周囲1.3kmほどの池である。別名遍照寺池(へんしょうじのいけ)。
1969年(昭和44年)より歴史的風土特別保存地区の指定を受け、2010年(平成22年)には農林水産省のため池百選に選定された。また、日本三沢の一つにも数えられる。
かつては灌漑用として三十町歩の田圃を潤していたが、近年は鯉の養殖など養魚池として活用されている。西岸には池へ突き出るような形の小さな人工島「観音島」があり、橋が架けられている。島の内部には石像の千手観音が祭られ、先端には弁天堂もあります。

DSC04717.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「広沢」

年末、ここの水を抜き、鯉を捕って売ります。
いまでもしているのでしょうね。

DSC04709.JPG

また、この池は昔から、お月見のポイントだった。
平安貴族が船を浮かべ、名月を愛でたそうです。
昔から、歌や俳句と数々の歌に詠まれた。

DSC04755.JPG
↑くず

「やどしもつ月の光の大沢は いかにいつとも広沢の池」西行法師
「広沢の池に宿れる月影や 昔をてらす鏡なるらん」後鳥羽法皇
「名月や池をめぐりて夜もすがら」松尾芭蕉
「都人見ぬ海山の面影も 月に浮べる広沢の池」賀茂真淵
「水涸れて池のひずみや後の月」与謝蕪村

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

ちょっと秋の空 [風景・和菓子]

DSC00148.JPG

昨日、久しぶりに窓を開けて半日過ごした。
湿度も比較的低く、快適な風が吹いていた。
このまま、秋になったらなぁ・・・。

DSC00151.JPG

写真は、夕方追加で外出した時のもの。
智積院境内は、いま何もないけど、秋に向かって木々が準備しているように感じた。
もう少しの辛抱かな?

DSC00153.JPG

でも今日は雨が降るみたい。
しかし、ちょっとは涼しいかも。

DSC04736.JPG
↑本家玉壽軒「桔梗」

DSC04727.JPG
桔梗・・・そういえば結婚前、私が入院していた時、桔梗の花束を持ってお見舞いにきたっけ。だから思い出の花なんです。花言葉が「永遠の愛」「気品」。

DSC04745.JPG
↑外郎、白こし

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

いけず石 [風景・和菓子]

「いけず」とは、京都語で「意地悪」という意味。
「いけず」をする人を「イケズシー」といいます。

IMG_0160.JPG

IMG_0161.JPG

京都市内の狭いとおりに入り込むと、写真のような状態になっている場所がある。
家の敷地内の角にこういう石・・・実家の側には錨が置いてる家がある。これは、水害の時、家が流されないようにしてあるのかも・・・が置いてあるのです。
こういう所に入り込んだら細心の運転技術が要求される。
下手すると車がガリっとなります。

IMG_0172.JPG

京都人は、積極的に揉め事を好みません。
大阪あがりなら、貼り紙がしてあったりします。
家に当たったら大阪なら住人が飛び出し、揉め事になるでしょう。いまはどうかな?

IMG_0175.JPG

京都人の場合、こんな石を置いて消去的に注意を促す。
石に車が当たっても、敷地内にある石ですから、法的に勝てないでしょう。
だからだいたい泣き寝入りとなる。
こういう「いけず」が京都人の特徴なんだと思います。

IMG_0177.JPG

京女と「道を聞く態度の悪い外国人に親切そうに逆の道を教えたったらええ」と言う場合がある。彼女は「あんた、イケズシーやね」と言われます。
まあ、そんなことをまだしたことはないですけど。
逆に、マンションの前で「清水寺に行きたいけど・・・」という白人カップルがいた。私のマンションからだといったん東大路通まで坂を降りなくてはいけない。それから暫く北に進み、あらためて清水寺に坂を登っていかないといけない。説明もさることながら、大変体力も使う。そこで山なりに行く道を案内したことがある。怪しげな地下道や墓地を通り、歌の中山を通り、清水寺の南門から入った。時間は10分ぐらい。彼らはビックリだったと思う。よく付いて来たと思います。
まあ、雰囲気が山賊でなかったからだと思います。(笑)

P1650461.jpg
↑二條若狹屋「秋風」

P1650449.JPG

でもお行儀の悪い東洋系だったら、焼き場に案内したりするのかも。
やっぱり「イケズシー」なんかな。
京都人の心の奥深くには、「イケズの心」が眠っているかも。

P1650502.JPG
↑外郎、白こしあん

京都市内へは、自家用車で観光に来ない方がいいですよ。
カーナビの性能が妙によくなり、こういった狭い道に案内されるかも。
行けば行くほど幅が狭くなる道とか、途中で一方通行になったりする道が多いのです。しかも京都市内を走る車は日本一運転が荒いですからね。
京都人も車に乗ると別人格になるのかもしれませんね。
ご注意ください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

危ないなぁ・・・ [風景・和菓子]

DSC00091.JPG

いつも歩いている道で、こんな大きな枝が転がっていた。
この間の台風の時に落ちてきたのかな?
結構、このあたりの木が朽ちてきているのでしょう。
雨風が強い日は気をつけないといけませんね。
道路でも看板が落ちてきたり、外壁が落ちてきたり・・・油断できない。

DSC00089.JPG

電車に乗っても何が起こるかわからない。
やたら人身事故も多くなったしね。
なんかいやな雰囲気を感じたら乗らないことでしょう。
これからの時代、みんなの噂なんかより、自分の直観が大切だと思う。
人の噂なんかクソクラエ!
行列ができていたら、並んでいる人を見るといい。
貧乏神が憑いているような人がいたら、危ないですよ。

DSC00097.JPG

『エスカレーター、右も左も歩かないで!「片側あけ」も実は危険』
そういうニュースがあった。なにをいまさら言っているのか。二列で歩かず乗るのが当たり前だと思う。それとキャスター付きバッグはエレベーターにした方が安全だと思う。何回か冷やっとするシーンを見たことがある。そうなるとエレベーターの数が問題になるだろうな。京都駅なんとかした方がいい。
百貨店のエスカレーターも同じです。
急いでいる人は、階段を駆け上がるのが一番いいですよ。
大阪に行くとビックリするのがエスカレーターを駆け上がる人がいること。さすが大阪だと思った。

DSC04653.JPG
↑千本玉寿軒「秋の草」

乗る前に乗っている人をよく観察することが大事。ボーッと乗ってはいけません。自分の身は自分で守るのが基本。
いやな世の中になってきたものだ。

DSC04677.JPG
↑きんとん、黒こしあん

こんな話しがある。
昔の話、馬を繋いでいる後ろを武士が横切った。馬が突然後ろ足で蹴上げた。その武士は、ひらりと飛びすさった。
それを見ていた達人の武士と弟子がその様子を見ていた。
弟子が「さすが鍛錬の賜ですね」と感心した。
達人は「あれでは、いけない。事前に察知して後ろを通らなければいいのだ」と言ったそうです。
カッコ良く避けるなんて、自分をよく見せたいという欲の現れ。いつかそれが元で身を誤る。
そういう話しがあります。
近づかないのが一番の達人なんですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

台風休日 [風景・和菓子]

DSC04615.JPG

昨日、京都市内は、台風の厳しい被害はなかったかもしれません。
でも風は、強かったようです。
外にでてないからなんとも言えません。

DSC04591.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「黒くず」この時期はどうしてもこういう生菓子に手を出してしまう。ちょっとだけ冷やして食べると美味しい。

昨日、京女の実家のお盆参加は、中止にしました。
おっさん(和尚)は、来るらしかったけど・・・。
おっさんは、商売やしね。
先日、行って義母には会っているからパスとなった。
タクシーとは拾えなくなったらいややしね。
京女との相談でそうした。
電話が注文があったモノの梱包と発送業務はすませた。

DSC04607.JPG
↑くず、黒こしあん

麻婆茄子を作り、食べたら急に眠くなり、寝てしまった。
次に起きたら日が暮れていた。
睡眠不足が溜まっていたのかな?
ゆっくり休めました。

DSC04618.JPG

それにしても台風ですべての機能が止まるのは問題だと思う。
それも過去の酷い被害の動画を流し、こんなになるといいながら運休や休みとテレビで不安を煽るのはちょっといややな。
来年、オリンピック中にこんな台風が来たらどうなるんだろう?
日本の気象が昔にくらべ、大きく変わってきましたね。
異常に高温だったり、日本近海で台風ができたり・・・。

DSC04587.JPG
↑亀屋良長「夏木立」

私がオリンピック主催者なら秋に変更しますね。
テレビの放映権云々より無事に開催から閉会にもって行くのが大事なことだと思うな。
今回の台風はいい教訓だと思う。

DSC04613.JPG
↑葛、白こしあん

それにしても昨日はよく寝ました。
今月になってからあまり寝てなかったかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

早朝の清水寺 [風景・和菓子]

DSC09423.JPG
↑清水寺の早朝

昨日、早朝の清水寺に行った。
5時ぐらだと明るくなっているが、太陽は、まだ出てこない。
東山だとそうなります。
蝉はもう元気に鳴き始める。
今年は、蜩の鳴くのは少ない。
さすがに5時ぐらいだとちょっとだけ涼しい。

DSC09433.JPG

清水寺でも早朝は、人が少ない。
舞台の所は入れないかもしれないが、早朝に行くといいと思う。
朝の人が少ない時間帯は、とても清まった感じがする。
9時過ぎると俗になる。

DSC09460.jpg

そうか行きはタクシーで登ったからそうだったのかな?
歩いてここまできたらやっぱり汗かもね。
帰りは、山伝いに帰るのです。
家まで10分ぐらいかな。
それほど汗はかきませんでしたね。

DSC09473.JPG

◆索餅(さくべい)

DSC04555.JPG

索餅ってご存知ですか?中国では、ある子どもが7月7日に亡くなり、その後熱病が流行ったことから、病よけとしてその子の好きだった索餅をお供えし、食べるようになったという言い伝えもある。もう中国の話なので旧暦でいうと8月8日になる。
本来の索餅は、小麦粉と米粉を練り縄のように細長くねじって作った唐菓子のことをいいます。
その索餅を唐菓子でなく、しんこ風に外郎で作ったもの。
「しんこ」は、上新粉(うるち米を乾燥させて、粉にしたもの)を水でこねて、蒸すか茹で、臼で弾力を出し、色々な形にした菓子。どちらかというと駄菓子的な扱いでした。

DSC04548.JPG
↑塩芳軒「索餅(さくべい)」外郎、ニッキ入り

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

暑かったぁ〜 [風景・和菓子]

DSC09317.JPG

ここ数日、酷暑が続いている。
京都市内、高湿度で風があまり吹かない。
だから日陰でもかなりの暑さ。
そんな時に、日陰のない場所(墓)に行く。
動いている時はいいけど、立ち止まるとドッと汗。
お花だってすぐに煮上がってしまうだろうな。

DSC09318.JPG

昨日の墓参りは、京男&京女+次女の三人。
お墓のお掃除をして、すべてセットアップして撮影。
写真を実家のテレビに映します。
父親はそれで墓参り。
昨日のような状態で参加は無理。
生身では、秋のお彼岸にしてもらいます。

DSC09322.JPG
↑こういう状態では、日陰はないです。向こうの山が清水寺。

墓地への道には、熱中症対策がありました。
こういうのは必要です。

DSC09320.JPG

DSC09344.JPG
↑これはCOOLスポットなんだそうです。日陰とミストで涼しくなる。こういうのは今年から設置してあります。

DSC09346.JPG
↑京女と次女が涼んでおります。

この後、百貨店に行きお供え用の御菓子を購入。
タクシーで実家へ。
法事と会食は、参加する子供の関係で後日になります。

DSC04514.JPG
↑本家玉壽軒「保津川下り」そういえば保津川下りなんてしたことがないです。中学の時、保津川の崖を移動したことがある。ものすごく危険なことをしていました。

実家での用事が終わってから、我々はランチ。
それは、次回に続きます。

DSC04536.JPG
↑吉野羹、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

上等の水羊羹? [風景・和菓子]

蓮の花が咲く時期になってきましたね。
これを見るとなんか仏教的な雰囲気やね。
極楽浄土〜〜。

DSC03292.jpg

最近、芸能人とかがよう死なはります。
コメントは大抵「●●さんは、天国へ旅立たれました」とコメントしてはります。
「●●さんは、極楽浄土へ旅立たれました。南無阿弥陀仏」とはいいませんね。
なんでやろ?
結婚式の時かて、アーメンさんでなかっても教会で結婚式をしたりしますやろ。
クリスマスだって騒ぎますよね。あれってアーメンさんの方では、讃美歌を歌って終いというのが多いらしい。
花祭で甘茶でかっぽれなんてのはあまり聞いたことがない。
日本人って不思議ですね。

DSC03296.JPG

そういえば7月15日から盂蘭盆(うらぼん)やね。もっとも旧暦なんでちょっと違うと思うけど、そんな細かいことはいいません。
三元(さんげん)ってご存知ですか?
豚の種類じゃないですよ。・・・三元豚ってあったっけ?
中国の道教の行事なんです。
一年の中で上元(じょうげん)・中元(ちゅうげん)・下元(かげん)の3つの日の総称である。雑節とすることがあるらしい。
この中元が7月15日からなんです。もっとも旧暦なので実際は違うけど。

元々道教では、中元は人間贖罪の日として、一日中火を焚いて神を祝う風習があった。のちには、死者の罪を赦すことを願う日となった。
中国仏教ではこの日に、祖先の霊を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)を催す。中元と盂蘭盆会は習合し一体化している。
日本ではこれがお盆の行事となり、さらに、目上の人やお世話になった人等に贈り物をするお中元が派生した。ただしいずれも、改暦後はほとんどの地域で新暦7月15日か新暦8月15日に移動した。なお、近年では若い世代ほどお中元を贈らない割合が多い。

京都市内では、この中元を元にしているのです。だから中元の手配が遅いのです。
お江戸の人たちは、そんな由来なんかしらないのです。だから「早割」に反応するようです。
なんか話しが色んな所に飛んでしまった。

DSC03299.JPG

もうひとつ盂蘭盆の由来がある。
ウィキベディアから引用して置きます。
盂蘭盆会の由来に目連の伝説がある。仏教における『盂蘭盆経』に説いているのは次のような話である。

DSC03301.JPG

安居(あんご)の最中、神通第一の目連尊者が亡くなった母親の姿を探すと、餓鬼道に堕ちているのを見つけた。喉を枯らし飢えていたので、水や食べ物を差し出したが、ことごとく口に入る直前に炎となって、母親の口には入らなかった。
哀れに思って、釈尊に実情を話して方法を問うと、「安居の最後の日にすべての比丘に食べ物を施せば、母親にもその施しの一端が口に入るだろう」と答えた。その通りに実行して、比丘のすべてに布施を行い、比丘たちは飲んだり食べたり踊ったり大喜びをした。すると、その喜びが餓鬼道に堕ちている者たちにも伝わり、母親の口にも入った。
というのが盂蘭盆の由来。
※安居/それまで個々に活動していた僧侶たちが、一定期間、1か所に集まって集団で修行すること。および、その期間のことを指す。

目連尊者のお母さんが地獄に行ったはった。
京男の母はどうやろ。極楽ではないかもね。でも目連尊者のお母さんのようではないかも。きっと私の母の事だから、赤鬼とかをうまく言いくるめて上司になり、血の池地獄の管理をしているかもね。

DSC03304.JPG

母に逢いに行こうとすると手順を踏まないといけない。以下のような・・・

え〜、ここにございましたのが我々同様といぅ、いたってもぉ気楽な男で、よそから大きなサバをもらいまして、手料理でこいつをアテにして一杯呑んだところぉが、それに当たったんですかなぁ、ゴロッと横になって寝ますと、夢ともなく現(うつつ)ともなく、空々寂々として暗ぁ〜い所へ出てまいりました。
前へ行く者、あとから来る者、銘々(めぇめぇ)角帽子(すんぼぉし)といぅ三角の布(きれ)を額に当てまして、首からは頭陀袋(ずだぶくろ)、麻幹(おがら)の杖を手について、糸より細ぉい声を上げ「お〜〜いッ」そこへお出かけになんのは伊勢屋のご隠居と違いますか?あぁ、やっぱりそぉや。伊勢屋のご隠居! 

話しは延々と続くのでまたの機会にさせてもらいまっさ。伊勢屋のご隠居って誰やねん!とおっしゃるお人は通でないですね。

DSC04048.JPG
↑千本玉寿軒「緑涼」

DSC04058.jpg
↑水羊羹

京女は、水羊羹というものはあまり食べない。鍵善の竹に入った水羊羹しか食べないのです。その京女、この水羊羹は食べた。上等なのはわかるようです。面白いことにこの水羊羹、冷やさなくても美味しい。これを冷やすと甘味が薄くなり美味しく感じないだろう。この微妙なばバランスがいい。塩詰めの桜葉が香りと塩分をつけているのもいいのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:地域
前の10件 | 次の10件 風景・和菓子 ブログトップ