So-net無料ブログ作成
風景・和菓子 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

十三夜 [風景・和菓子]

G0340.jpg

世間では、色々なスポーツ大会やハロウィンが注目されていますが、私はスポーツ観戦やハロウィンなんて全然興味ない。それより10月11日は「十三夜」の方がまだ興味ある。偏枯やね。
海外では、秋に満月を愛でるなんてないだろうな。
そえも「十三夜」なんていうとジェイソンが出てきそうだと思うかも。
しかも、数字が13なんて不吉な・・・となるのかも。
なんて書いていますが『13日の金曜日 』は観たことがない・・・。

DSC01303.JPG
↑この写真と下の写真は十三夜と関係ないけど、形が十三夜みたいだから採用。私の目の前にある銅鏡。フトみるとこんな風に曇っていたりする。

「十三夜に曇り無し」といわれているけど、今回はどうやろ?
「片見月」というのもありますね。十五夜と十三夜の両方を観ないと縁起が悪いというらしい。
「栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)」地方によっては「小麦の名月」や「女名月」なんてのもあるらしい。

DSC01305.JPG
↑それをこのように磨かないといけません。

十三夜って、満月の二夜前になる。
十五夜でないのがいかにも日本らしい。
満ちるのが必ずしもいいとは限らない。
お神籤だって「大吉」がいいとは限らないのと同じ発想。

G0460.jpg

いずれにしても昼間はまだ暑いけど、日が暮れると秋めいてくる。
虫の声も元気に鳴いている。
そういえば虫の声を風流と感じるのは、世界中で日本人とポリネシア人だけなんだそうです。他の国の人には、聞こえないというか、無視するように聴覚がなっているらしい。もちろん外国人でも日本に生まれ育つと聞こえるらしい。
これって面白い現象ですね。

P1580087.JPG
↑二條若狭屋「芋名月」

その内、日本人も虫の音が聞こえなくなるようになるかも。
それっていいことなんだろうか?
外国人は、虫の音を機械音や雑音と同様に右脳で処理するのだそうです。逆に日本人は、虫の音を言語と同じように左脳で処理するらしい。不思議ですね。
中国人や韓国人も西洋型なんだそうです。だから京都市内に来ている外国人は、秋の虫の声は雑音として聞いているということになる。
ということは、鈴虫を飼ったりしないのね。

P1580118.JPG
↑こなし、こしあん

そういえば「十三夜」という歌がありましたね。
いろいろある。
それによって歳がわかります。
知っている歌に○をつけましょう♪
・小笠原美都子
・鈴木雅之
・市丸
・さだまさし
・Cocco
・二葉百合子
・谷村新司

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

秋の味 [風景・和菓子]

FA082.JPG

昨晩、いただいた杉茸を食べました。
杉茸とは、はじめての出会いです。
現在、次女が里帰りしているので、茸は食べ難い。
彼女は、キノコが食べられない。
なぜかわかりません。
一番苦手なのは、椎茸らしい。いま入院中の婿殿も椎茸が苦手らしい。彼の場合、椎茸の出汁もダメらしい。ということは精進料理がだめということになるのかな?

sugi2.jpg
↑杉茸(すぎたけ)、これが送ってきたのではないです。

上記のような事情で、次女がいない時に料理する。
料理といっても簡単です。
ピーナッツ油(ごま油がなかっただけです)で炒め、味醂、ポン酢、少量の出汁で炒め煮のような状態にしました。
今回は、ニンニクなし。香りをいかしたりから。
炊きたての御飯ととても合いました。
それとコンニャクとシナチクの煮物、漬物で食べた。
秋をちょっとだけ楽しみました。

FA093.JPG

次女は、ランチに中華料理を食べさせてあったので、おそらくあまりお腹は減ってないと読んでおりました。実際にその通り。

DSC05060.JPG
↑本家玉壽軒「ふくら雀」、よく見ると可愛いでしょ。

昨日の午後からクーラーのスイッチON状態でした。
極端に対応しないと体調を崩しそうになります。
いつになったら夏の服装から秋の服装に衣替えできるのかな?
いつも今頃、思うのです。
このまま夏服で冬を過ごせるか?とね。
シャワーを水の状態で、冬に移行できるとか。
滝行だと思えば大丈夫な筈なんですが・・・なかなかできません。

DSC05079.JPG
↑ねりきり、黄味あん

現在、次女の2匹の犬になれません。
一応、私の匂いは舐めて憶えさせてあります。
私がベッドで寝ていると2匹がお腹の上にドンっと乗ります。
これには、まだ馴れません。
夜にトイレに立つ時、ゲージの横を通ります。白い方のが最初ビクッと起きるのです。最近、やっと「このオジイ、頻尿で起きるんだ」と認識したようです。お腹を上に向け大の字になって寝ています。つついても起きなくなりました。
3時ぐらいに起きてPCで作業し始めても寝ています。
馴れるんだ・・・。

DSC05065.JPG
↑千本玉寿軒「鳴子」

まだ婿殿は、入院してリハビリをしているのです。
スポーツマン対象の整形外科なので、一日中筋トレなんだそうです。
まだ、発熱が治まらないようです。やはり体温の低いのは問題ですね。
煙草も禁止らしいので弱っているそうです。(笑)
医者に傷の治りが悪くなるからと禁止らしい。
お見舞いに葉巻をもっていっても吸えないらしい。残念。
私なら「葉巻をすったらいっきに傷が治る!」と自己催眠を施すけどな。
もっとも病院内では吸えないだろうけど。

DSC05092.JPG
↑こなし、白こしあん

嗅ぎたばことか噛みたばこならどうやろ?
病室で嗅ぎたばこをしていたら怪しいだろうな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

つゆ草 [風景・和菓子]

P1000156.JPG

まだ暑いけど、さすがに蝉は鳴いていません。
「十月の蝉」って本の題名?あれは『八日目の蝉』か。
オスが鳴いているというということは、寝坊のメスもいるのかな?
それとも地表に出て来たのはいいけど、仲間がいない。
それで泣いているのかも。

P1090343.JPG

本日の「つゆ草」は、小さい時から好きだった花。
あの青が好きだった。
どこにでも生えていた。

P1160025.JPG

あの青い色素は、すぐに退色するから染め物の下絵を描く時に使われたそうです。
そういえば集めて、青色で絵を描いていたことがある。
もっとも下絵用に使うつゆ草は、大きな品種を使うらしい。
漢方では、全草を乾燥して、下痢止めや解熱として使っていたらしい。
そんなこと誰が発見したんだろう?

P1150895.JPG
↑亀屋良長「つゆ草」

P1150939.JPG
↑外郎、白こしあん
※So-netからSSブログにアカウント登録の件は、So-netサイドの問題だったようです。なんか疲れてしまいました。この事は、忘れません。メインをgooの方に考えます。使える画像量が限られてきますからね。gooは、現在使用容量が1024GBの内5.464GBなんです。圧倒的に余裕でしょ。トラブルも少ないし、サクサク動きますからね。それに対しSo-netは、1と2に分けなければならなかった。私、一応有料でブログをしているのです。でも広告が入っている。これも不満。もちろん記事には入ってきませんが。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

散髪? [風景・和菓子]

DSC02863.JPG

まだ、昼間は30度ぐらいの気温。
朝と昼間で温度差が10度もある。
早朝は、窓を開け、昼間はクーラーとなる。

DSC03018.JPG
↑こういう状態でした

DSC01056.JPG
↑こんなになりました!

窓を開けて気付いたことがある。
明るいのです。
なぜ?
金木犀の木が散髪してありました。
かなりの散髪・・・2メートルは切ってある。
ここに越してきた時の近い状態になったかも。
最近、この金木犀、香りがしなくなっていた。大きくなりすぎた影響なんだろうか?

DSC01057.JPG
↑切り株がちょっと痛々しい

これぐらい大きくなると台風なんかの時、折れる危険性が出て来たかも。
なにはともあれよかった。
今年の酷暑の時、お寺の屋根からの遠赤外線を防いでくれていたかも。
この屋根からの遠赤外線はすごいですよ。

DSC04955.JPG
↑塩芳軒「万寿菊」

DSC04966.JPG

外出する服装が日によって秋だったり、真夏だったりする。
昨日は、夏仕様だった。
もう秋のお彼岸が終わったのに、けったいな気温です。
温暖化の影響なんだろうな?季節がちょっとおかしい。
気温が高くなると蝉が鳴き出すのです。ただ、私のところで聞ける蝉が変化した。クマゼミが少ないのです。ミンミンゼミが多い。ヒグラシが皆無。住んでいる所の周辺に建設工事が多かった影響なのかも。そういえばカマキリの少なくなった。カメムシも。まあ、カメムシは少なくていいですけど。

DSC04984.JPG
↑かのこ、白こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

秋分の日ですね [風景・和菓子]

DSC00877.JPG
↑本日の写真は、晴れた日の智積院

今日は、秋分の日ですね。
秋のお彼岸でもある。
17号台風が一番近づいているのかも。
京都市内は、それほど台風の影響はないように思う。
さて秋分の日は、具体的には何をする?

DSC00881.JPG

お墓参り、仏壇の掃除・・・。
「六波羅蜜※」がちゃんとできているかチェックしてみるなんてのもありますね。
取りあえず「ニンニクと精進(料理)は食べた」「じ(痔)かい?」私は痔ではない。
智慧・・・(悪)あさじえ程度。
六波羅蜜寺に行ってみるなんてのはどうやろ?
うーん。
※六波羅蜜/布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧
布施だけでもした方がいい。モノやお金を渡すのもいいけど、そうでないモノを渡すのもいい。席や進路を譲るというのもいい。もちろん、譲られた人は感謝を持たないといけない。交通機関で席を譲られたら、次の駅で降りる場合でも、御礼を言って座ってあげなさい。

DSC00883.JPG

家族で先祖の話をするというのはどうやろ。
「初めて二足歩行した時、しんどかった」「ゾウリムシの時、気分は平和だった」「恐竜に追いかけられた時、必死になって逃げた」「シアノバクテリアだった時、無我夢中で酸素を作っていたなぁ〜」とか・・・苦労話が多くなるかも。

DSC00884.JPG

「亡くなった人をしのぶ」
こちがそろそろ亡くなるモードだし、してもねぇ・・・。しかも3回ぐらい臨死体験らしき経験もあるし・・・。

DSC00886.JPG

まあ、とりあえずやっと秋らしくなってきて、身体がホッとしています。

DSC00887.JPG

秋のお彼岸シーズンに「おはぎ」を供えるというものある。
京都市内では、年中「おはぎ」という言い方をするように思う。
「ぼたもち」という言い方は、どうも馴染まない。
春先の牡丹の花に因んだ名前といわれても、音的にもっさり聞こえるように感じる。
「おはぎ」は、萩の花から来ているらしいから、秋のお彼岸の食べ物という言い方はわかるのですが、年中つかってしまう。
でもいつも書く「おはぎさん」とは言わない。面白い。

P1610510-c9f00.JPG
↑永楽屋「大判おはび」きなこ

六波羅蜜を考えていて「なんでこんなことが必要なんだろう?」と思った。
高校の時、授業であったのです。あの時、もっとしっかり学んでおけば良かったのに。もっともあの時代は、智慧でなく知恵レベルだったけど。

P1610525-ad2d3.JPG
↑幼い時は最悪の食べ物だった

「即身成仏」という言葉が浮かんだ。「成仏」って?
成仏とは、無上の悟りを開くこと、死んでこの世に未練を残さず仏となる、死ぬこと。そいう意味。「即身」とは、なまみのからだ。
死んでから、悟ってもだめらしい。生きている間に悟ることがいい。ただ「悟り」といっても「大悟」である必要はないと思う。
「そうなんだ!」でもいい。それが肉体を持った状態でそうなればいいのだと思う。
死んでからでは、「やっぱり生きている間に悟っておいたらよかったのに・・・」と悟る?だけかも。
どのような人生でも自分がデザインした人生だと思う。それをわかり、実行して行く。死ぬ間際でもいい。完全燃焼の生を目指した方がいいように思う。お釈迦さんは、そういうことをいいたかったのかも。

P1610538-bed14.JPG
↑これは大判なんです。三人前はありますよ。

肉体を持っているから「持戒 (じかい)」が必要なんだろうな。
肉体を持っているから「忍辱 (にんにく)」も必要。肉体を持っているからエゴも生じる。だからつい自分勝手になる。
肉体をもっているから「精進 (しょうじん)」もいる。肉体があるから努力する必要がある。また努力できる。
肉体がもっているから「禅定 (ぜんじょう)」つまり肉体〜心から来る動揺から、自分を平静に保ち、雰囲気に流されないことが必要。
肉体をもっているから欲望が生まれる。欲望からエゴが生じる。そうなると単なる知恵だけで物事を考える。本当は、われわれの奥の奥にある本来の仏の智慧から考え行動しなくなる。
肉体を持つというのをどう考えるかを観じないといけないのかも。
書くのは簡単ですが・・・。

P1610562-25a0e.JPG
↑幼い時、こういうのが食べられなかった。

本日は、どうも内容がバラバラになっている。
現在、2匹の犬を相手にしていると調子が狂います。
フト気配がすると足元に来ていたりするのです。

書いている文章が切れ切れになってしまっている。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

きせる専門店 [風景・和菓子]

この店のが以前から気になっていた。
でもきせるたばこは吸ったこともないし、予定もない。

DSC03821.JPG

DSC03824.JPG

きせる用のたばこは売っている?
そういえば最近、たばこ屋さんに行ってない。
時代劇で吸っているのを観るけど、自分ではすったことがないのです。

DSC03825.JPG

「羅宇きせる」と「総金属のきせる」がある。
「羅宇きせる」は、雁首と吸口の間に竹で繋いであるタイプ。この竹は交換が必要になる。
「総金属のきせる」は、雁首と羅宇(ラウ)と吸口に分かれている。
タバコの美味しさからすると「羅宇きせる」タイプがいいのでしょうね。水分も竹が吸ってくれるしね。
竹の部分を長くすると煙が冷えてマイルドになる。

DSC05015.JPG
↑仙太郎「くりもち」

DSC05012.JPG

きせるを作る人は少なくなっているかも。
中古を売っていたりする。でも中古はちょっといややな。
いまなら金属をチタンでつくったりするかも。
でも・・・吸わないか。

DSC05026.JPG
↑昔は、こういうのが憧れだった。あまり買ってもらえなかったからである。

だからこのお店に、入れないのです。
もし、いいきせるが見つかったら・・・買ってしまいそうで怖い。
工芸系のきせるはちょっとお高い。
「君子危うきに近寄らず」やね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

財布を忘れて神幸祭 [風景・和菓子]

DSC00614.jpg
↑御神輿の大切なパーツなんでしょうね

DSC00616.jpg

16日、出会うだろうなぁ・・・と思っていたら三嶋神社の神幸祭にいきあたった。
京女と出かけバスに乗ったのに、財布を忘れたことに気が付く。
「♪財布を忘れて 愉快な京男さん♪」と歌いながらバスを降り、渋谷街道を東に登って行く。
すると三嶋神社の神幸祭のオープニングをしていた。

DSC00622.JPG

DSC00624.JPG

DSC00635.JPG

DSC00639.JPG

DSC00649.JPG

カシャン・カシャン・カシャン・カシャンという音が聞こえてきた。
鳴らしているお兄さんは、ちょっと飛び跳ねたはります。
そえを交代しながら氏子さんの範囲を音で清めているのかな?
それとも祭やでぇ〜ということなのかな?

P1660199.JPG
↑亀屋良長「みのり」

この後、家に帰って、バスに乗って京女を追いかけたので祭の様子はわかりません。
残念。でも財布を忘れたお陰で出会えました。
めでたし、めでたし。

P1660244.JPG
↑上用、こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

秋の気配 [風景・和菓子]

DSC00207.jpg
↑東寺

9月になってしまった。
でも気温はまだ夏かも。
でも景色は秋になってきているように思う。
今年もあと4ヶ月。
病院で次の外来の予約をしていた。
12月前の予約・・・もう師走だ。
早くそれぐらいになって欲しい。
やっぱり京男は、秋冬がいい。

DSC00210.JPG

DSC00208.JPG

蓮も種の季節になっている。
葉が枯れてきて秋が深まってくる。
暑さももう少しの辛抱。

DSC04766.JPG

杖というかステッキの石突きを交換した。
まだ、もう少し使えるけど、交換する。
お湯に石突きを温め、はずして行く。
父親に話すと「そんなもの交換するのか?」と言っていた。
高齢者の杖で石突きを交換しないで使っているのを見る。
あれは危ないのです。
交換するものと思っていないのです。
私は、こういうことには神経質になるのです。
自分の身を守るためですからね。

DSC04792.JPG
↑二條若狹屋「秋日」

DSC04813.JPG
↑上用、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

湿度高い風景 [風景・和菓子]

DSC00193.JPG

もう9月になりましたね。
今年は、青空があまり見えない夏だったように思う。
また、鍋の材料が高い秋冬になるのかな?
だとしたら、嫌ですね。
ここ数年鍋物をあまり食べてない。

DSC00200.JPG

DSC00201.JPG

本日の写真も近所の智積院境内。
写真から湿度がいっぱい感じられるでしょ。
苔が大喜びしているかも。

DSC00203.JPG

DSC00205.JPG

この苔、イキイキしているでしょ。
こうやって苔を見ているとジャングルを上から見ているような気持ちになります。
苔ジャングルの下でたくさんの生物が生活している・・・なんて想像するのが楽しい。

DSC04836 2.JPG
↑千本玉寿軒「くずぶどう」

DSC04832 2.JPG
↑この生菓子、中にブドウが入っているのです。

DSC04846 2.JPG
↑黒・白合わせ
あんも黒こしあんと白こしあんが合わせてある。なかなか凝った葛饅頭。
もう9月になったけど、どうしてもこういう葛を買ってしまいます。
こなしやきんとんをまだ食べる気がしない。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

石がシットリして見えた [風景・和菓子]

DSC00183.JPG

本日も智積院境内。
いまは、観光客も少なく、落ち着いた境内。
もともとここは、観光客が少ないので嬉しい。
最近の八坂神社なんかを見ているとゾッとします。
祇園あたりは、外国人観光客ばかりが目立ちます。

DSC00186.JPG
↑左上の白いのが白サギ

私は、人の多い場所に行くのが嫌です。
しかも、へんてこな服装や仕草が見ていて気持ち良くない。
飲んだり、食べたりしながら、狭い京の街を歩くのはいけまえん。
京都市内は、テーマパークじゃないのですから。

DSC00190.jpg

そういえば、ニュースで新幹線にキャスターバッグを置く場所を予約するようなことをいっていた。新幹線でそうなのに、京都市バスでキャスターバッグを無料で持ち込むのは、どうなんあろう?
エスカレーターにキャスターバッグも問題だと思う。冷やっとする風景を見る時がある。観光客に対する大きなバッグのデリバリーサービスをしてあげた方がいいように思う。昔は、観光バスで移動するのが当たり前だったので、そんな問題は起こらなかった。でもいま個人が格安航空や木賃宿を利用するので、そういう問題が多くなってきた。根本的に観光を考えないといけませんね。

DSC00195.JPG

本日の写真は、智積院境内でみかけた石。
湿度の関係もあるのか、石がみんなシットリして見えた。
そういえば、今年はあまり晴れが少ないように思う。
秋雨ってこんな感じだった?
きっとまた日照不足で葉モノの値段が高騰するんだろうなぁ・・・。
そういえば、最近、鍋物をあまり食べたことがない。
景気も悪くなっているように思うけど、消費税アップするんだろう。
きっと大幅に景気がダウンするんだろうな。
わかっているのに・・・。

DSC00196.JPG

なんて石を見ながら思いました。

P1650604.JPG
↑京都鶴屋鶴壽庵「夕顔」

P1650610.JPG

P1650659.JPG
↑もち皮、黒こしあん

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:地域
前の10件 | 次の10件 風景・和菓子 ブログトップ