SSブログ
前の2件 | -

ランチ&ディナー [食]

最近、ランチを食べる店が少なくなってきた。
コロナの影響なんだろうか・・・私が行く小さなお店がなくなり、チャーン店系が多くなってきた。
ランチの条件は
1.ランチ予算は1000円以内
2.予約や行列は不可
3.テーブルの面積が広い
4.外光が見える

DSC01346.jpg
↑焼肉北山「豚カルビ丼セット」

1は、必須ではないけど、目安としてあります。
2は、必須です。ランチで並ぶのはだめです。レジで行列という酷い店も時々ありますね。
3は出来ればないですが、荷物が置けないのは不可。透明な衝立もない方がいい。
4も必ずではない。地下だと不安になる。

DSC01348.jpg

もちろん、味というのは当たり前の条件。
サービスの人と日本語会話ができるというのもある。外国人のアルバイトというより日本人で丼の名前が読めないということがあった。
レジでの声が小さすぎる。音量というより滑舌が悪い?コロナの影響?マスク効果なんだろうか・・・。客も何を言っているかわからない人が結構いる。無意味に声が大きい人もいるか・・・。あなただろうって・・・。

DSC01352.jpg

DSC01354.jpg

食べ物と関係ないけど、街中で多くの人の歩く速度が遅い。これはコロナで家にいることが多く、脚の筋肉が弱っている?スマホを見ながら歩く、つまり周囲をしっかり見てない人が多い。遅いなら真ん中を歩くのはやめよう。
紙のカップを手に持ち、飲みながら歩く人。あれはファッションなんだろうか?熱中症対応ではないように見えますが・・・。

DSC01365.jpg
↑大阪梅田、うを佐「ちらし」、包装が丁寧なのがいい。

テイクアウトでお気に入りなのがお寿司。
作ってもらって持って帰る。
我が家の場合、握りはあまり食べません。

DSC01373.jpg
↑京女のリクエスト、できるだけ生魚が乗ってないのがいいらしい。

私が好きなのは、関西系の箱寿司かも。
京都でお寿司といえば、巻き寿司や箱寿司が多かった。
小さい時は、冷蔵庫がなかったというのもある。
京都で握り寿司というのは少なかった。
考えられないでしょ。流通のいまのような状態でなかったしね。
京都市内で魚といえば「鱧」ぐらいかも。鱧だけは生命力が強いから運べた。「鰻」や「泥鰌」「鯉」「鮒」なんかもお寿司じゃないけどありました。
歴史的にいうと「なれ寿司」系なのかも。
京都市内では、海がそばになかったしね。

DSC01361.jpg
↑うを佐「箱ずしと巻き寿司」

箱寿司は、ラップなんてのがなかったですから昆布でラッピングの替わりだった。昆布だと旨味もつきますからね。
写真の箱寿司も山椒の若葉がつけてある。臭み消しですね。この山椒、京都では重要な薬味なんです。卵の臭みを消すなんて発想は関東にはないように思う。卵って生臭くないですか?

DSC01367.jpg
↑私は、こういうのが好きなんです。

本日のお寿司のテイクアウト、包装が丁寧なのが気に入っています。
お箸もしっかりしたものがついているしね。
こういうのをお土産に持って帰ってきたら嬉しくないですか?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 洛外
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

森神社2・・・大将軍 [社寺]

DSC01308.jpg
↑藤森神社本殿

DSC01307.jpg
↑拝殿

DSC01303.jpg
↑神功皇后 御旗塚

昨日の続き。
藤森神社は、私にとってあまり縁のない神社かも。
広い境内なので感心しておりました。
主祭神は、素盞嗚命、別雷命、日本武命、応神天皇、神功皇后、武内宿禰、仁徳天皇などだそうです。
創建年代が神功皇后摂政3年(203年)らしい。びっくりですよね。
平安京の創建が延暦13年(794年)と比べるとすごくないですか。

DSC01299.jpg
↑藤森七福神というらしい。なんであるのかな?

DSC01300.jpg

DSC01301.jpg
↑ここのお水は美味しいらしい

DSC01304.jpg
↑このように汲みにこられていました

神様も元人間が多いですね。軍事関係が多い。
駈馬神事とか菖蒲=尚武とか・・・勇ましい。
元気だった頃の日本という感じの神社。

DSC01313.jpg
↑大将軍社

さて大将軍社です。
ここが南の大将軍ということになるようです。

DSC01315.jpg

御祭神が「磐長姫命(いわながひめ)」というのが不思議です。もちろん藤森神社の主祭神が素盞鳴命だから、大将軍神としてのパワーはあると思います。

DSC01317.jpg

このあたりの話を簡単に書いておきます。
間違っているかもしれませんができるだけ分かりやすく書いてみます。
大山祇神は、国産みの時に生まれた神。瓊瓊杵尊は、天孫降臨した天皇の祖神なんです。その瓊瓊杵尊に自分の所の二人の娘を嫁がそうとした。
この二人の娘、姉が「磐長姫命」妹が「木花咲耶姫」なんです。
瓊瓊杵尊は、二人の内、すごくかわいい妹の木花咲耶姫を嫁にして、あまり綺麗でない磐長姫命を返したのです。
バナナ型神話の変形パターンなんです。

DSC01325.jpg
↑八幡宮

バナナ型神話とは
バナナ型神話(バナナがたしんわ)とは、東南アジアやニューギニアを中心に各地に見られる、死や短命にまつわる起源神話である。
神が人間に対して石とバナナを示し、どちらかを一つを選ぶように命ずる。人間は食べられない石よりも、食べることのできるバナナを選ぶ。硬く変質しない石は不老不死の象徴であり、ここで石を選んでいれば人間は不死(または長命)になることができたが、バナナを選んでしまったために、バナナが子ができると親が枯れて(死んで)しまうように、またはバナナのように脆く腐りやすい体になって、人間は死ぬように(または短命に)なったのである。

DSC01333.jpg

この二人の娘を人類にという意味は、「石長比売を差し上げたのは天孫が岩のように永遠のものとなるように、木花之佐久夜毘売を差し上げたのは天孫が花のように繁栄するようにと誓約を立てということ」。
最初からそう言えばいいのに・・・。
だから醜い容貌の石長比売を返し、可愛い木花之佐久夜毘売と結婚した。
だから子孫の天皇や人類は、神より短命になったらしい。

DSC01337.jpg
↑こちらが藤森神社の正門なのかな?

まあ、寿命が長ければいいとは限らないけどね。
神話を書いていくのは、ややこしいですね。神様の名前でも『古事記』と『日本書紀』で違ったり、話しの内容が違ったりしていますかれね。
二人の姉妹の話でも『日本書紀』では、ドロドロしてきます。
なので、表示が違ったり、名前が不正確だったりしているかも。
ご容赦ください。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の2件 | -