So-net無料ブログ作成

矢取地蔵尊 [社寺]

久しぶりに羅城門に行きました。
昨日の記事でサンドイッチのランチを食べた後、京女と2人で市バスを乗り継ぎ羅城門へ行った。ミスター・ギョーザに行った訳ではありません。
京女の母親が入院したのでお見舞いに行ったのです。
正確な診断はまだらしいけど、どうやら圧迫骨折らしい。
夜中にベッドから簡易トイレに移動する時、尻餅をついたようです。
眠剤を使用するとそういうリスクがあります。夜中にボーッと起きる場合があるのです。我が父親も「夜、なかなか眠れない。眠剤があれば」といいます。それは夜中に目が覚め、半覚醒状態でいるのが危ない。だから父親には「だめ、寝られないなら寝なければいい。一晩ぐらい徹夜をすれば必ず寝られる。昼間でも眠たくなったら寝ればよろしい」と言ってあります。

DSC03294.jpg
↑矢取地蔵寺

毎日ではないけど、病院に行くことになるだろうな。
元気だったので、元気な内に退院してくれるのを願います。
どんなにいい病院でも入院すると気が塞がります。高齢者はボケる危険もあるのです。
まあ、義母は、前回も同じ状態になり、コルセットも自前のモノがあるのでなれたものです。でもねぇ・・・。
見舞いに行ったらミスター・ギョーザに行ける点はいいかも。
でも家に帰るために、バスを乗り継ぐ必要がある。それが欠点かも。
みなさん、骨密度だけは上げておきましょうね。

DSC03298.jpg

羅城門の側にあるのが矢取地蔵尊(やとりじぞうそん)がある矢取地蔵寺。
由来は、以前に書いたけど、高札の内容を書き写しておきます。

DSC03296.jpg
↑これは本尊ではありません

矢取地蔵尊(やとりじぞうそん)
本尊は矢取地蔵尊。石像で右肩に矢傷の跡が残っている。左手に宝珠、右手に錫杖、矢を持つ。かつては矢負地蔵とも呼ばれた。
天長元年(824年)、日照り続きで人々は飢えと乾きに苦しんでいました。そのため淳和天皇の勅命をより、東寺の空海(弘法大師)と西寺の守敏(しゅびん)僧都が神泉苑の池畔で雨乞いの法会を行った。
先に守敏が祈祷するも雨は降らなかった。対して、空海が祈祷すると三日三晩にわたって雨が続き、国土が潤った。
これにより守敏は空海を恨み、ついに空海を羅城門の近くで待ち伏せ矢を射かけた。すると一人の黒衣の僧が現れ、空海の身代わりとなって矢を受けたため、空海は難を逃れた。
空海の身代わりとなった黒衣の僧は地蔵菩薩の化身であったため、その後の人々はこの身代わり地蔵を矢取の地蔵と呼び、羅城門の跡地であるこの地に地蔵尊を建立し、長く敬ってきた。
現在の地蔵尊は明治十八年(1885年)に、唐橋村(八条村)の人々により寄進され建立されたものである。

DSC03300.jpg
↑羅城門の石碑

東寺の空海と西寺の守敏の雨乞い祈祷が面白いですね。
当ブログでいうと「雨降りのすーさん」と「晴れ男の京男」宿命の対決みたいなことになるのかも。

DSC03301.jpg
↑「羅生門」ではありません。それは小説のタイトルです。

まあ、ここは、病院にお見舞いの時、前を通るので撮影するとします。
もちろんミスター・ギョーザもね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(4) 

懸想文 [社寺]

懸想文(けそうぶみ)ってご存知ですか?
三省堂大辞林には、このように書いてあります。
1.恋慕の情を書きつづった手紙。恋文。艶書(えんしよ)。
2.近世、正月に京都の町などで売られたお札。艶書に似せて、縁起を祝う文句が書いてある。 [季] 新年。
「懸想」って、「思いをかけること」「恋い慕うこと」。今も昔も人間のすることは同じですね。

DSC02616.JPG
↑須賀神社

本日登場するのは、須賀神社の「懸想文売り」。このブログでは、年に一度ぐらいでてきます。

季語「懸想文売」があります。本来艶書を意味したが、良縁、夫婦和合、商売繁盛等の ご利益もあるとされる。元禄のころ、元日の朝から十五日まで、 赤い袴に立鳥帽子、白覆面といういでたちで京の町を売り歩いた が、その後すたれた。

DSC02620.jpg
↑懸想文売り

どうやらラブレーを相手に届けてくれる人ではないようです。
昔ってどうやってコミュニケーションしたんだろう?教養のある人は、和歌なんかを相手にそっと渡したりしたのかな?そてとも矢文を打ち込んだり・・・それはないか。

DSC02623.jpg

ラブレターって面白いですね。夜書くとだんだん興奮してしまう。翌朝見ると恥ずかしくなって出せないなんてことが多かった。企画書なんかもそうだけど、夜はあまり考えたらあかんのかも。
私は、夜明けとともに浮かぶアイデアが昼間に耐えられると思います。夜って良くも悪くも集中してしまうのでしょうね。

DSC02630.jpg
↑領収書は出ないけど、お釣りはどうなんだろう?

昔、京の貴族は、恋文の代筆をしていたらしいのです。もちろん貴族同士の恋文なんだろうけど・・・だって庶民は文字が読めない人が多かったと思われます。恋の和歌を送られてもねぇ・・・。貴族でも和歌が得意な人とそうでない人もいただろう。女性だってそうです。それより夜這いの方が早いのかな?

DSC02633.JPG

今は、便利になりましたね。メールかラインで相手に届く。まあ、効果はどうかわかりませんけどね。京男の時代は、携帯電話なんてのもなかった。公衆電話と有線電話だけ。相手に電話をかけても、本人かどうかわからない。話していて「母です」とかだったりする。しかも電話って貴重品?だったから、玄関や茶の間にあったりする。ヒソヒソ話なんてできない。ラブレターなんてのもあるけど、字が下手というハンデを抱えていた。
今は、いい時代になりましたね。

DSC02636.JPG
↑一年ぐらいが有効期限なんやろか?

この須賀神社の「懸想文売り」は、やらしい書を売っているのでなく、神社のお守りとして有料で配っておられるようです。
これは、2月2日と3日の限定なんです。
この「懸想文御札」をタンスの置くに入れて置くと「良縁が授かる」「(それなりの)美人になる」「着物が増える」なんて効果があるらしい。男が買ってもあまり意味がないのかなぇ・・・。

そういえばいつかこれを手に入れた時「領収書はもらえますか?」と言ったことを憶えている。答えは「でません」だった。そりゃそうだよね。
でも100部欲しいとか言ったら、くれるのかな?

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(5)  コメント(2) 

弘法さんの縁日風景 [社寺]

DSC02029.JPG
↑弘法さんといえば高野槙(こうやまき)

DSC02033.jpg

本日の写真は、お餅を手に入れた後、東寺境内を歩いてみた時のもの。
弘法市の時、真剣にお参りする方もたくさんおられる。
早朝から続々と高齢者がつめかける。
あまり若い人はいません。

DSC02046.JPG
↑金堂

DSC02052.JPG

DSC02061.JPG

DSC02065.JPG

境内は、骨董、特産品、植木、陶器、古着が並んでいる。
その中で蝋燭や線香の匂い、御詠歌が唱えられている。
独特の雰囲気は、昔から変わっていない。
こういうのはずっと引き継がれるのだろうか?

DSC02092.JPG

DSC02093.JPG

DSC02096.JPG

そうそう21日は、四国八十八か所のお砂踏みが体験できます。
四国八十八か所の砂が置いてあり、踏むとそこに行ったことになる。
なんとも楽ができる有り難いシステムです。
こういうのが信仰する人に向けるのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(8)  コメント(2) 

玉串 [社寺]

DSC01583.JPG

さて、これで今熊神社の左義長の最後です。
これは「玉串(たまぐし)」、よう「玉串料」とかいう玉串。
一年中青々とした葉が茂り、神さまが宿るとされる榊の枝に、紙垂(しで)や麻を結び付けたものをいいます。
神前で「こんにちは、よろしゅうおたのもうします」と挨拶する時の印みたいなものです。

DSC01581.JPG

こんなんしはったことありますか?
神社で特別にご祈祷すると神様に挨拶というような意味で「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」をしますね。
結婚式やお宮参りや七五三、安産祈願、地鎮祭・・・なんかでやりますね。

DSC01851.JPG

私は、結婚式でやったかな?
やり方、わかりますか?
1.まず右手で、玉串の根元を上から持ちます。
2.つぎに、左手を葉先の下に添えます。
3.玉串を胸の高さに持ち、姿勢を整えます。葉先がやや高くなるように持ちましょう。
4.玉串を右へ回して、手前に根元を持ってきます。
5.「祈念」・・・「ありがとうございます」でいいでしょう。
6.そして所定の場所に根元を神様の方向に向けて置きます。

DSC01852.JPG

この後、左義長では、山伏さんが気合いをいれてくれました。
その後、御神酒とお下がり。

DSC01871.jpg

DSC01872.JPG
↑この後、暴れました・・・はないか。

ここで「あっ!アルコールアレルギー」と気付く。
この程度で倒れたらカッコ悪いですね。
まさか、バチはあたらんでしょう。
意識でアルコールを飛ばしました。

DSC01874.jpg

お下がりを受け取りお終い。
丁寧にされるのに頭が下がります。

DSC06202.JPG

お餅がこんなになっているのが今風ですね。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(8)  コメント(6) 

点火 [社寺]

DSC01783.JPG

DSC01784.JPG

さて、いよいよ点火です。
この左義長、下のちょっとした穴の部分に火をいれる。
するとすごい勢いで火が拡がって行く。

DSC01785.jpg

DSC01786.jpg

写真を撮る余裕もないぐらい早い火の回り。
気が付くと、恵方「西南西」に強引に引っ張られた。
これでは、今年の吉凶もくそもない。
無理矢理の恵方ですね。

DSC01787.jpg

DSC01789.jpg

この火の回る仕掛けはすごいと思いました。
危なくないもの。
見事というしかない。
火の粉もあまり飛ばなかった。

DSC01803.jpg

DSC01819.JPG

まだ燃えている時、参加者全員が般若心経を唱えます。
もちろん宮司さんも。
世の中の本質は同じなんだろうからいいのだと思います。
神仏習合というのはうごいと思います。

DSC01723.JPG

DSC01833.JPG

炎を観ていると炎といっしょに自分の穢れも昇華するイメージがすんなり描けるのはちょっと嬉しい。
綺麗に焼き尽くしてくれ、身心があたたかくなりました。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(9)  コメント(6) 

火とつける [社寺]

DSC01600.jpg
↑左にあるのが火付けセット

この間の左義長の時、火は火打石や火打金で火を起こし、火口(ほくち)を使っていた。最近の家庭では、あまりやらないだろう。
そういえば、ガスも電池式で火がつく。

DSC01601.JPG

DSC01603.JPG

だからこの左義長の時、山伏さんが火を付けるのが面白く観ていた。
時代劇でも火を付けるシーンはないものね。
出かける時、おかみさんが

DSC01620.jpg
↑これは、箒ではありません。

火口(ほくち)を使う。火打石や火打金でカチカチとやるシーンはある。
でも火を付けるシーンはない。
馴れたら早く火がつくものですね。
でもガスライターは、偉大な発明ですね。
着火剤なんてのもある。

DSC01748.JPG

DSC01750.JPG

小さい時は、よく火を使って遊んでいたのを思い出す。
マッチで火を付けるのが嬉しくて・・・。なんか危ない少年みたいだ。
ロウマッチというのも憧れのアイテムだった。
何かとすぐに焚き火をして焼き芋とか、鴨川でとった魚を焼いて食べていた。

DSC01751.JPG

DSC01754.JPG

小学校の時は、石炭ストーブだった。
新聞紙と薪で火をつけるのが日直の作業。
私は、石油を瓶にいれて持って行っていたな・・・。
でも火打石や火打金で火を起こしたことはない。
縄文式のやり方ではやったことがある。
レンズで太陽光を集めて・・・もやった。

DSC01762.JPG

左義長の時、最後に火がついた瞬間、「拍手を・・・」という神主さんの声。
思わず参列の人が拍手喝采だった。(笑)
みんなが観ているから、ライターを使えないですからね。

DSC01769.JPG

さて点火です。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(6)  コメント(2) 

清め [社寺]

DSC01669.jpg

まだ新熊野神社の左義長の写真が続きます。
まだ数日点火までいきません。すんません。

DSC01606.JPG

神社の行事をみていると「清め」の作業が多いですね。
昔は、疫病が流行るのは「気枯れ・穢れ」が原因だと恐れられていた。
もうひたすら、自分自身のお清めをすることで、疫病や災難から守ろうとした。

DSC01696.JPG

清めるために、言葉、色、形、素材、所作を使う。
塩や形(正方形・黄金比)や言葉(祝詞)そして所作をする。
塩なんかは万能ですね。相撲なんかは、仕合前に塩を撒く。
商売の場合は、盛り塩をしたりする。

DSC01703.JPG

結界を張って、その内側に神様をご降臨させたりする。
左義長の場合、修験道的にも結界を張っていた。
神道と修験道が合体した結界作りでした。
本当は、陰陽師も来るといいのだろうけど、最近はあまり見かけませんね。陰陽師。

DSC01709.JPG

今回の修験道では、かなり簡略方式だったかも。
本当は、6の方向で結界をはらないといけないのですが・・・。
流派によって違うのかな?

DSC01685.JPG

もちろん、参加されている人の穢れも清められていました。
人間は、生きているだけで穢れるのだろうか?
まあ、欲望のままに生きているから仕方ないのかな?
各々が欲望や感情を完全に制御できているなら穢れないでしょう。
この制御の加減がものすごく難しいことなんだろう。
結果的に病気や不運になることが多い。
だから、病気や不運は、それを教えてくれているのかも。
なら「病気」や「不運」に感謝し、生活を正せば解決する?

DSC01692.JPG

インフルエンザが流行っているそうです。
ひょっとして手洗いやウガイより、自分の中の穢れを清めた方がいいのかも。
でも病院に行ったら、ドクターが「御札」や「お守り」をくれはったら、納得できないだろうなぁ・・・。

DSC01695.JPG

仏教的に考えると、穢れなんていいませんね。
この行事では、仏教のおっさんは、参加していません。
穢れについて、どう考えたはるんやろ?
葬式の後、「清めの塩」を配るとか、配らないという問題も昨今できています。
「死」を仏教では、穢れとみていないと思います。
だから「清めの塩」は不要なんだそうです。
単なるコスト削減だけなのかも。
これはようわかりません。
日本の仏教では、道教的、儒教的、ヒンズー教的なものが習合されていますからね。
もうわけがわからず、一つの体系のようになっている。
それに拝金教的な要素が色濃いですかれね。
だから宗教はあまりよく思われていないのかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(2) 

左義長 [社寺]

DSC01572.jpg

左義長(さぎちょう、三毬杖)とは、小正月に行われる火祭りの行事。
地方によっていろいろな呼び方がある。
ここ新熊野神社では「左義長神事」となっていた。

DSC01574.JPG

元旦の早朝に恵方から来られた歳徳神が各家庭で接待をうけ、15日に天にお帰りになる。その時、お正月飾りや御札、書き初めも燃やし、気枯れを祓う。
新熊野神社の場合は、神道、仏教、修験道、陰陽道で行うのが本来の姿とおっしゃっていた。日本独特の習合という考え方ですね。
さすがに、最後の陰陽道の陰陽師はおられないのか参加されていなかった。
「陰陽師の役割は、個人の吉凶が主なので、知りたい方は、お神籤を引いてください」とおっしゃっていたのが印象的。(笑)

DSC01575.JPG

習合という日本独特の考え方は、面白いと思う。
要するに事がうまく行けばいいのです。
そのために宗教に拘ってもしかたない。自由にやればいいのです。

DSC01578.JPG

DSC01581.JPG

この神事でその年の吉凶を占うのだそうです。
三毬杖とは?毬杖は、平安時代に流行った遊びの道具。ホッケーのような道具で遊ぶゲームらしいのです。その毬杖を三本組み合わせたようなものを竹で組、正月飾りや御札、書なんかをくっつけて行くのです。

DSC01591.jpg
↑書き初めに「痩」ってよほど困っているんだろうなぁ。

DSC01594.jpg

その組み立てた左義長・三毬杖に火を付ける。煙の出方、炎の勢いや方向、そして大切なのは、倒れる方向で吉凶を占うのです。2020年なら「西南西」になります。
最近は、自然に倒れるに任せるということができないようです。
係の人が引っ張って、いいほう→恵方に倒された。
あれはあれで難しいでしょう。
無理矢理でしたが、消防の関係もあるから仕方ないですね。
だから今年はいいかわるいかは分からない。
個々人の自助努力ということにしましょう。

DSC01612.JPG

新熊野神社の左義長は、15日の小正月と決まっているのが素晴しいことだと思います。他の神社は、日曜日にやってしまったりします。観光客が集まるとか、お手伝いの人が来やすいとかでね。
しかも宮司さんの説明がいつも素晴しい。とれも分かりやすく説明されていました。他の神社では、そんなことはしません。

DSC01620.jpg
↑箒ではありません。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(4) 

松の内 [社寺]

DSC01548.JPG
↑いつもの智積院。ここは北門。ここから境内にはいります。

「松の内」という言葉は、最近死語になってきている。正月自体が昔ほど盛んにやらなくなった。門松だって一般家庭でもあまりやっていない。
ひょっとして鏡餅だって縫いぐるみだったりするかも。本当の鏡餅なんかない家庭があったかも・・・。

DSC01550.JPG
↑昨日15日には、松飾りがあります。

DSC01551.JPG

昨日1月15日は、小正月だった。
関西では、昨日までをお正月としていた。
だから門松は昨日までは、あるのが普通。
関東方面では7日までとなっている。

DSC01555.jpg
↑智積院でも梅が咲き始めていました。

だから15日が終わると関西では、松飾りを片付けたり、鏡餅を切って(切るなんて言うのは不吉なので、鏡開きと称する)神仏に感謝し、おぜんざい、雑煮、かき餅にしていただく。

DSC01556.JPG

DSC01560.JPG

昔は、小正月に成人式をしたものです。
いまでも成人式は15日がいいと思う。
日本政府は変なこと決めたと思います。
連休を作るなんて、お国から休みを決めてもらったり、働き方を指導してもらったりする国民は、随分甘やかしてもらっていますね。おかしな国になりました。

DSC01569.jpg
↑今熊野神社の昨日

小正月ということは、大正月もある。
1月1日〜15日までが大正月なんやろね。
関東では、7日までなのか・・・。

DSC01572.jpg

女正月(おんなしょうがつ)というのも昔はあった。
小正月と同じ1月15日です。
女性が1月14日までの松の内(お正月の間)準備をしたり、忙しく働いて女性を休ませてあげる日なんだそうです。地方によっては、男性が家事をする日なんだそうです。ひょっとして今のご時世は逆に「男正月」というものもある?

DSC01586.JPG
↑今熊野神社本殿

小豆粥を食べるというのもある。
小豆はその色が朱色・赤色であることからアジア地域で邪気を払う力を持つと言われており、
豆は「魔(ま)を滅(めっ)する」という言葉からも一年間の無病息災を願って食べられてきました。
節分の豆撒きも同じような意味なんです。

DSC01588.JPG

それから小正月に、正月飾りを燃やす左義長神事やどんど焼きも15日にします。
15日新熊野神社で、左義長神事を毎年行われる。
ちゃんと15日になさる新熊野神社に拍手です。
その模様を明日からご紹介します。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(4) 

豊国さん [社寺]

DSC01428.JPG
↑豊国神社

昨日は、「十日ゑビス」きっと向こうの方はたくさんの人だっただろう。
どうもああいう人ゴミは苦手になりました。
あそこは普通の時にお参りがいい。
空いているしね。

DSC01430.JPG

DSC01438.JPG

昨日なら豊国神社がいいと思う。
もっとも秀吉さんがいてはるかどうかわかりません。
どうも秀吉さんを拝むというのはいややな。

DSC01429.JPG
↑ネズミが筍?あの話なんかな?

若い頃の秀吉はいいけど、晩年のイメージが悪すぎる。
もっともドラマでの話だけど。
でもこれだけ立派な神社があるのはすごいことです。

DSC01431.JPG

なぜ、ここに来たかというと、散髪に行くためです。
年末に行きそびれただけです。
今年になってもう10日経った。
それぐらい経つとすごく髪の毛が伸びていた。
誰も人の髪型なんか観ていないと思う。でも自分で朝、観るのがいやなんです。
自分の志気の問題。

DSC01433.jpg

DSC01435.jpg

いつもだけど、髪の毛を切ると力が抜けてしまう。
なんだろう?
サムソン系なんかなぁ・・・。
ということで昨日は早寝でした。

DSC01440.JPG

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(4)