So-net無料ブログ作成

父のための写真 [洛外食]

DSC07781.JPG
↑大阪三番街 青冥(ちんみん)「蒸し豚定食」

「何故、こんな写真があなたの父親のためなの?」と思うでしょ。
先週末に大阪に行った時、食べたものです。
いつもなら大阪に行ったら「インデアンカレー」なんですが、この間は、時間が昼食時になり、行列ができていたのです。
並んでまで食べたくない。しかも時間がない。
そういう時は、青冥(ちんみん)に飛び込みます。
いつも何とかなります。きっと高級そうで入り難く見えるからなのかも。

DSC07782.JPG
↑アッサリとしていました

いつもは、お粥のセットなんですが、あの日は写真のようなメニューになりました。
座ってから、比較的早く料理が出てくるので時間的に安心。
カレーに比べたらちょっとコストがあがりますが、仕方ないです。時間が優先しますからね。

DSC07842.JPG
↑淀屋橋北極星「チキンオムライス」セット

いつもの会合が終わり、夕食を食べることにする。
いつもなら蕎麦にするのですが、オムライスにしていいました。
食べている間に、テイクアウトを注文し、京都に持って帰りました。

DSC07848.JPG
↑美味しいよう〜っと言って写真を見せます

ここは、オープンキッチンでカウンター席だけなので、作るのを見るのが好きなんです。最近、社長がいないのでちょっと寂しい。
このような写真を実家のPCに入れて置き、父親に「食べに行こう」といいます。
これらのお店は、京都の祗園に出店さいているので、京都でも食べられるのです。

DSC07850.JPG
↑父親の頭の中で「オムライス〜」とイメージが定着

食べながら、歩きながら色々話します。
運動にもなりますからね。
でもね。私の時間が一日潰れますぅ。
ショボンとしていてもしかたない。
人生を愉しまないとね。
そして、人に「楽しみ」のおすそ分けができたら、もっと楽しくなるように思うな。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(7)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ハッピー・バースデー会食・・・その1 [洛外食]

DSC04846.JPG
↑砂ギモ醤油煮、こういうのが次女の好み

今月は次女の誕生日だった。
ただ、母の件でバタバタしている時だったので誕生日の食事ができなかった。
やっと一昨日、誕生日記念食事会をやった。
参加は、京男、京女、次女の三人。

DSC04848.JPG
↑前菜三種盛、次女はピータンが好き、京女はクラゲ

昨年は、ビストロだった。
今年は、広東料理ということで、「民生」に行く。
京女、次女ともはじめてのお店。

DSC04852.JPG
↑春巻、いい顔しているでしょ。こういう顔をしている食べ物は必ず美味しい。

今回のメニューは次女好みということでメニューを選びました。
この日は、よく食べたと思います。
次女がすごい勢いで食べていた。

DSC04854.JPG
↑イカ天ぷら、これも京女、次女の大好物

次女が一番、私といっしょに食事をしたと思う。
高校の時からいっしょに、私が食べるランチのお店に同行している。
記事は明日も続くのですが、本日の写真は彼女好みのメニュー。
鶏料理やピータン、イカなんかも好物。
それを承知でこのお店を選択しています。

DSC04861.JPG
↑レタス包み、こういう食べ方はちょっと懐かしい

京女は、京阪電車の萱島まで出るのを嫌がった。
でも食べて満足していた。
京都を出たがらないのですよ。
私も最近、そういう感覚になってきた。
大阪はやっぱり疲れます。
人が多いからでしょうね。
梅田や地下鉄で杖をついた老人を見かけるのは極めて少ないです。

DSC04863.JPG
↑大エビチリソース、私はこのチリソースが好き

※料理の数が多いので明日に続く

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 洛外
nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

腸が強くなるかなぁ・・・ [洛外食]

IMG_7464.JPG
↑山側の入り口

IMG_7482.jpg
↑海側(海は見えませんけど)の入り口。帰りはこちらから出ました。

昨日は、神戸遠征でした。
急に映画を観ることになり、朝早くから行きました。
神戸は、久しぶり(おそらく3年)なんです。

IMG_7469.JPG
↑豚肉腸詰(台湾式ハム)

よく考えたら、エレベーターやエスカレーターの位置をチェックしないで行ってしまいました。
心が以前のように歩こうとするのです。
これには、困りました。
東急ハンズに行った時、ちょっと泣きましたね。
階段が多いんですよ。
しかも、文字がよく読めないから目的のモノを探すのが一苦労。
結局、昨日歩数計でいうと13,000歩になっていました。
ちょっと歩き過ぎました。

IMG_7477.JPG
↑豚生腸(こぶくろ)。コブクロと行っても歌は歌いません。

しかも、荷物をディバッグに入れていくのですよ。
まあ、ほとんど食料品ですけど。(笑)

IMG_7468.JPG
↑豚大腸(大腸のにこみ)

ランチは、懐かしの丸玉食堂です。
あまりお腹が減っていないので、少なめに注文。
いつもなら今日のメニューに豚足と青菜炒が加わると思います。
これらをお茶で食べていくのですよ。
酒飲みからするとナンチュウコトスルンジャとなるでしょうね。
隣の方のお客さんは、初心者らしく、老麺などを食べておれれた。
私の方をジッと見たはったな・・・。
嬉しそうに食べているものな。
みなさん、案外普通のものを食べたはりますね。
冒険しなくちゃ!
まあ、好きずきですけど。

IMG_7475.JPG
↑肉粽(チマキ)

やっぱり美味しいなぁ〜。
ここなら、五月蠅い元女子会崩れ集団もこないし、静かにいただけます。
こういうものを食べていると身体の調(腸)子がいい。
豚タンも食べたかったなぁ〜。
なんで日本は、牛タンしか出てこないのかな?
牛タンだと思って食べているけど、案外豚タンだったりしてね。
ありそうやもん。このご時世では。
それから鹿腱の煮込みが食べたい。豚腱でもいいけど。
妄想が拡がっていく〜〜。
このあたりで止めて起きます。
御馳走様でした。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ: 神戸
nice!(9)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域