So-net無料ブログ作成

庭時雨 [風景・和菓子]

DSC00714.JPG

もう12月になってしまった。
気が付いたら年賀状を手配していない。
昔に比べ年賀状に力をいれていない。
そろそろ止めてもいい頃なのかな。
でも急に出さなくなったら死んだと思われる。
ブログを休んでもそうやね。(笑)
安否確認の手段としての年賀状やブログ・・・それも役割なのかも。

DSC00692.JPG

ブログも私としてはよく続いていると思う。
本日で4809目の記事。
2005年7月からだものね。
途中、読字障害状態になり自分で書いても自分で読めない状態になった。
だから誤字脱字変換ミスも多々あると思います。
でもあたまに浮かぶ事柄を手が勝手にタイピングして行くのです。
これが不思議な状態ですね。
お筆先ならぬ「自動キーボード」ね。

DSC00695.JPG

これで画期的なアイデアを書き出したら凄いだろうな。
もっとも日常、アイデアを立体的な形にする時があります。
これは、いままでなかったこと。
それがそごく役に立つのです。

DSC03333.JPG
↑長久堂「庭時雨」秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨。

できなくなったことは、複数の音源から聞き理解すること。
聖徳太子が七人の訴えを同時に聞いたというやつです。
あれが4つぐらいできた。
いまは、1つだけ。
こうやって文章を書いている時、日本語が聞こえてくると文章が書けないのです。
以前は、複数のセミナー録音から意味をとらえることができたのに・・・。
まあ、切り捨ててしまった能力と新しく出来るようになった能力。
比べると新しく顕現した能力の方が多い。
まあ、それを使って死ぬまでにもっと色々とやれということか。
残り時間がダンダン短くなっていますからね。急がないといけません。

DSC03348.JPG
↑こなし、備中白こしあん

本日のタイトルの「庭時雨」
「時雨」明日から京都は雨模様のようです。
空気が乾燥して喉がイガイガするシーズンにしっとりとした雨はうれしい。
もちろん天気もいいけど、空気が美味しいのが優先するかな。
マンションの外装工事がやっと終わり、足場が外されつつある。
久しぶりに見るベランダからの景色が新鮮。
カーテンも開けられる。ちょっと涼しいけど窓もあけられる。
なんでもないことが幸せに感じられる。
もう12月ですね。今年も後一ヶ月。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2018/01/22
  • メディア: 単行本


↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した2013年1月26日時の記事新装版が出版した2018年1月19日の記事をご覧ください。
(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:地域