So-net無料ブログ作成

牛さん、久しぶり! [社寺]

DSC01659.JPG
↑楼門

北野天満宮の写真がまだ残っておりました。
このままだと年越しになるので記事にします。
私、いつかの年、梅を観に行ってがっかりしてから、遠のいてしまっていた。

DSC01660.JPG
↑こんな建物が建っていた。

梅の時期、幕で囲ってしまい有料にしてしまったのです。
そのやり方が私はがっかりした。
お気に入りの梅があるのです。
香りも形もよかった梅・・・。

DSC01665.jpg
↑この提灯の松がいい

DSC01666.jpg

何年前だったか、行くと幕の中になってしまった。
最初、梅花祭のためだと思った。
どうやら違った。
いまの時期なら幕は張ってないだろうけど。

DSC01667.JPG
↑牛さん!久しぶり!

DSC01668.jpg

囲って飲みたくもない香煎茶と麩煎餅付でひとり700円也。
なんだかねぇ・・・。
まあ、境内の手入れもいろいろあるだろう。
人件費もかかります。
私は、なんだか納得できない。

DSC01674.JPG
↑とりあえずいつものあいさつ。

梅なら近所の智積院で十分だと最近思う。
香りも十分あるしね。

DSC01676.jpg
↑牛さんは、相変わらずかわいいね。

境内に人口の川を作ったりして、地場的に大丈夫なんだろうか?
ここは、学問系の神さんだと思っていたけど、実は商売繁盛になってしまったんだろうか?
御土居が紅葉の名所になっているのも、不思議な感じがしましたね。
紅葉の時も700円が納得できないなぁ・・・。
最近の京都の社寺は、ちょっと変。
なになに?そういうお前が変・・・そうかも。

和菓子

和菓子

  • 作者: 中村 肇
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: 単行本


↑これから暫くの間、京男の和菓子本のお知らせをします。詳しい説明は1月27日の記事をご覧ください。(色のかわっている部分をクリックすると表示されます)

過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓
※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

Twitter→@kyo_otoko
タグ:京都 社寺
nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:地域